生きる「うねり」が聞こえてくる

『流』  東山 彰良 (著)  ¥950 講談社文庫   一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の 祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす 十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。 台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。 激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡を ダイナミックに描く一大青春小説。

<こんな人におすすめ> 台湾と中国の歴史に興味がある 1人の少年の人生物語を読みたい 東山 彰良のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000