下町オヤジの再生物語

『明日の色』  新野 剛志 (著) ¥929 講談社文庫   スカイツリーの町で生まれ育った吾郎。低額宿泊所の 所長だったが、社長と喧嘩してクビ。バツイチで、 可愛い息子にはほとんど会えず、元妻は再婚するという……。 多難な毎日だけど元ホームレスの青年・魁太に絵の 才能を感じて、ギャラリストになろうと決意した。 めげない男の奮闘が痛快・爽快な下町人情物語!

<こんな人におすすめ> 下町の人情劇が好き 中年オヤジが頑張る姿を読みたい 新野 剛志のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000