今週印象に残った一冊

急に寒くなりましたね。 10月だというのに冬用のコートを着ようかと悩む・・・ 今からこんな事では、本番の冬にはあまりの寒さに 冬眠してしまいそうです。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。 吉野源三郎さん著、羽賀翔一 さんイラストの 『漫画 君たちはどう生きるか』です。

勇気、いじめ、貧困、格差、教養。 人間としてどうあるべきか、どう生きるべきかを考え続ける コペル君と叔父さん。1937年に出版されて以来、ロングセラー となっている名著をマンガ化。 父親を亡くし、母親と二人暮らしの少年、コペル君。 母親の弟で目下失業中の、元編集者である叔父さん。 自分と、自分を取り巻く人、世の中の存在を意識し始めた コペル君は、様々な疑問を抱きます。 学校や、それ以外の場所で起こった出来事をマンガで解説し、 その出来事について、叔父さんはノートに意見を綴ります。 この意見の部分は10~20ページ程度の文章となります。 友達の家が貧しかったこと。ケンカで相手に負けないために ナポレオンの話を読んでみたいこと。殴られている友達を見て、 仲間ではないふりをしてしまったこと。 おじさんは時に広い視野から、時に自分自身の内面を 見つめるように促しながら、コペル君に助言をします。 それはコペル君の疑問とする部分を補うものです。 コペル君の見たものはコペル君だけのもの。だから、結論は 本人が決めるしかない、と言うのです。 叔父さんはコペル君の感性やものの見方を認め、1人の 立派な人間として誠意を持って接しています。中学生とはいえ、 コペル君が自分の力で物事を考え、解決していこうと思う意欲は、そんな風に叔父さんが接してくれるからなのかもしれません。 友達の家を訪れたら、貧乏だった。殴られる友達を見ても 怖くて知らんふりをしてしまった。 自分が同じ状況になったらどうするか。咄嗟には判断が つきません。自分が見てきたもの、感じるものに従って自分で 決め、行動するしかないのです。 自分という存在と他者、社会とその関係。 その認識を明確にしたうえで、自分のなすべき事を知る。 それは自分がどうありたいのか、どう生きるのか、ということに 繋がっていくのです。 大勢の中に埋もれ、自身を見出せず不安を感じる10代には、 自分自身を客観的に見つめ、世の中に対して自分は何をして いくべきなのかを考えるきっかけとなる本であると思います。 彼らの先輩や親となる世代にとっては、自分たちの生き方を 今一度振り返り、後進の者たちに、生きることについて、何を、 どのように伝えていくのかを考えさせてくれる一冊になるのです。 先週立てたこの1週間の目標は ●1日1記事を更新する ●イラストに色をつける でした。無事に達成することができました! 次の一週間も、同じように更新することを自分の目標にします。 〈今週 読了した本〉 『漫画 君たちはどう生きるか』 『ルビンのツボが割れた』 『肉小説集』 『Mの女』 『先延ばしは1冊のノートでなくなる』 『仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ』 〈現在 読書中の本> 『侵略する豚』 『今のはなんだ 地獄かな』 〈今週購入した本〉 『漫画 君たちはどう生きるか』 『ルビンのツボが割れた』 『肉小説集』 『Mの女』 『先延ばしは1冊のノートでなくなる』 『仕事もプライベートもうまくいく 感情のしくみ』 『今のはなんだ 地獄かな』 『太宰治の辞書』 『一生折れない自信のつくり方』 『目のつけどころ ものの考え方』 『ダラダラ気分を一瞬で変える小さな習慣』

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000