下町で繰り広げられる男たちの熱いドラマ

『下町ロケット』の イラストブックレビューです。

研究者への道をあきらめ、家業の町工場継いだ佃航平。 とあるトラブルから資金繰りに窮する事態に。 そこへ巨大産業が、工場で開発されたある部品の特許売却を持ちかけてきます。 しかこの部品には佃の夢が詰まっていたのです。

ロケットエンジン開発という夢に敗れ、家業をそれなりにまわしていた航平は、商売仇の
大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられてしまいます。
明らかな言いがかりですが、特許申請内容の不備な部分を上手に突いています。
かたや大手メーカー、こちとら下町の小さな町工場とあっては、
大人が小学生を捻り潰すようなもの。

その法廷でのやり方も歯ぎしりしてしまうほどイラっとします。
大手メーカーは、ジリジリと時間をかけて、町工場の資金が尽きるのを待つ作戦に出るのです。
しかし、佃は逆に別の特許から大手メーカーを特許侵害で訴えます。
結果が出るまでに町工場の体力が続くかどうか…。ハラハラします。

そしてまさかの大逆転!工場存続の危機から脱出したうえに、名誉も
取り戻します。
池井戸ワールドはわかりやすく勧善懲悪。
登場人物がそれぞれに自分のルールに従って、追い詰められながらも全力で
生きているから、ぶつかり合いも激しい。
それがまた、おもしろいのです!

下町でロケット〜?可能なのかな?手とこの本を手にした当初は思いましたが
エンジンの部品についての説明や、工場で働く従業員たちの熱い思い、
そして他企業が欲しがるその内容の素晴らしさに、否定しようのない
説得力を生み出すのです。

社長である佃はまっすぐ誠実に部品を研究開発し、工場の運営に取り組んでいます。
途中、特許の売却など、工場継続のために魅力的な提案がなされますが
首を縦に振りません。譲れない根っこの部分がハッキリとしているのです。
それを従業員たちと共有できた事で、事態は良い方向へと進んでいきます。

登場人物達とと共に悔しがり、悩み、そして歓喜の声を上げる。
そんな風に、池井戸ワールドへ連れていかれるのが心地良い、そんな作品です。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000