今週印象に残った一冊

学園祭シーズンですね! あちこちの学園祭に連日出掛け、若いパワーを もらっていい気分です。 みなさんはどんな1週間を過ごされましたか? 今週、印象に残った一冊をご紹介します。 ジェニファー・L・スコット (著), 神崎 朗子 (翻訳)の 『フランス人は10着しか服を持たない』です。

典型的なカルフォルニアガールだった著者が、フランスの マダム・シックから教わった毎日を特別の日のように過ごすコツ。 2014年10月に発刊されて以来、70万部超えるベストセラーと なった本書。時はやましたひでこさんの断捨離ブームから はじまり、近藤麻理恵さんの人生がときめく片付けの魔法が ミリオンセラーとなった頃。 『とにかく捨てねば!』とやたらと捨てた後に、『ときめくものだけ 手に置いて』と諭される。そして今度はフランス人と来たもんだ。 やましたさん、近藤さんの著書と比較して、洋服を前面に打ち 出して来ています。そして10着!とキッパリ言い切ったところが インパクト大でしたね。たった10着であのおシャレなパリの マドモワゼルやマダムはやりくりしてるっていうの!? ってな話です。 これは片付け本ではありません。生き方について指南して くれる本です。でも、洋服10着というのもこうした生き方に 繋がっていくのです。 アメリカのカリフォルニアで育った著者は、パリへと留学する ことに。ホームステイ先のマダム・シックのお家は落ち着いて いて、その名の通りとてもシック。家族は皆パリッとした素敵な 服装。 最初に驚いたのは食事。決められた時間のみに食べて、 間食はしない。そのかわり、しっかりとした栄養たっぷりの食事をゆっくりと、味わっていただく。 洋服は自分によく似合う、ちょっぴり良いもの。それこそ10着で いいので本当に似合う服を、頻繁に、そして大切に着回す。 アクセサリなどの小物を上手に使って、気分を変えてみる。 そして、ほんのそこまで出かける時でも、決してスウェット& スッピンで出かけないこと!!朝のゴミ捨てとかね!! アメリカの大らかというか適当な生活からやってきたら かなりのカルチャーショックでしたでしょうね。 でも、著者は若者の利点である柔軟さで、パリでの暮らしに 美点を見つけすぐに馴染んでいくのです。 お世話になったお宅が貴族の家柄で、フランス人のなかでも とりわけキッチリと生活を営む家庭であったのが功を奏したので しょう。 最高のお手本のお家でパリ生活を満喫したのですから! 食材、料理、ワインは吟味して選び最高の形で供する。 洋服は、本当に自分に似合ったもの、自分を美しく輝かせ、 そして少し値段が張っても良いものを選ぶ。 会話では、相手のプライバシーを訪ねたり、逆に聞かれても いない自分のことを話すのではなく、音楽や美術、本など 教養のある話題を提供すること。 インテリアでも洋服でも、良いものを普段づかいすること。 …などなど、なるほどシックねえ~、と頷ける 内容ばかり。 日本で暮らす標準的なオバさんである自分は、洋服10着に 収める事にぜひチャレンジしたいなあと。クローゼットの中身は 定期的に処分していて、オールシーズンの洋服がタンス引き出し三本分に収まっている状態。しかし、最近は体型が変化してきて、 今までの細身系の服を着るとちょっとカッコわるい。 でもパツパツじゃないからな、まだ着れるよなあ~っていう 服がいくつかでてきたのです。これ書いてて思ったけど、もう 捨て時だなこれ。 このように、読むとその場でいくつか実行したくなるのが この本の最大の利点ではないでしょうか。 アメリカ生まれのイケてない女の子が、ステキな文化と人物 たちに出会い、そこを目指していく、という姿が読者の共感を 得るし、失敗も繰り返していると素直に語る著者だからこそ、 安心してこちらもチャレンジできるのです。 ファッションも大事ですが、服を纏う自分の体づくり、言葉を 発するための教養作りに日々邁進するパリジェンヌや マダムたち。 完全に追いつくことは無理かもしれないけれど、少しずつ、 無理のない範囲で取り入れていけば、残されたものの中で 光り輝く自分に出会えるかもしれません。 先週立てたこの1週間の目標は ●1日1記事を更新する ●イラストに色をつける でした。無事に達成することができました! 次の一週間も、同じように更新することを自分の目標にします。 〈今週 読了した本〉 『フランス人は10着しか服を持たない』 『色の秘密』 『読書で自分を高める』 『太宰治の辞書』 〈現在 読書中の本> 『侵略する豚』 『湖底のまつり』 〈今週購入した本〉 なし

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000