近代文学への造詣と愛を深く感じる論文のような物語

『太宰治の辞書 』  北村 薫 (著) ¥756 創元推理文庫   みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は新潮文庫の 復刻を手に取り、巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を 見つけた。たちまち連想が連想を呼ぶ。 卒論のテーマだった芥川と菊池寛、芥川の「舞踏会」を評する 江藤淳と三島由紀夫……本から本へ、《私》の探求はとどまる ところを知らない。太宰が愛用した辞書は何だったのかと 遠方にも足を延ばす。そのゆくたてに耳を傾けてくれる噺家。 そう、やはり「円紫さんのおかげで、本の旅が続けられる」 のだ……。《円紫さんと私》シリーズ最新刊、文庫化。 

<こんな人におすすめ> 太宰治のファン 近代文学が好き、または苦手 《円紫さんと私》シリーズのファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000