あなたの人生、もてなします

『プリズンホテル〈2〉秋』の イラストブックレビューです。

花沢支配人は青ざめた。なんの因果か、今宵、我らが「プリズンホテル」へ 投宿するのは、おなじみ任侠大曽根一家御一行様と警視庁青山警察署の 酒グセ最悪の慰安旅行団御一行様。 そして、いわくありげな旅まわりの元アイドル歌手とその愛人。 これは何が起きてもおかしくない…。仲蔵親分の秘めた恋物語も明かされる 一泊二日の大騒動。愛憎ぶつかる温泉宿の夜は笑えて、泣けて、眠れない。

今回は死人が出ることもなく(汗)、仲蔵親分の過去も明らかになったり 警察とヤクザによる宴会場での対決があったりして、見所がもりだくさんです。 人相の悪いマルボウ警官がヤクザと間違えられたり、事件に対する大きな実績はなく、 慰安旅行企画部長として定年を迎えようとしていた地味な警官が、実は すごい人だったとか・・・いろいろと驚きの連続です。 もう~ 警察とヤクザがうろつきまわるたびに『ああ、鉢合わせになっちゃう!』と ハラハラドキドキ。このあたりの展開は非常に上手で、舞台なんかでやったら 相当おもしろいでしょうね。 仲蔵親分の恋物語も見逃せません。表向きはヤクザ界の重鎮ですが、過去には こんなことがあったとは。その思いをずっと内に秘めていたところにも グッときます。 忙しく、でも置いていかれることなく、読者を笑いと涙と感動の世界に連れて いってくれます。 ホテルの支配人さんの仕事ぶりが特にすばらしい! でも泊まるには勇気が必要かも。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000