寿命は変えられない。でも死に方は変えられる。

『彼が通る不思議なコースを私も』の

イラストブックレビューです。

友人がビルから飛び降りようとしている現場で、黒づくめの男に

出会った霧子。

後日、霧子は彼に再会し、次第に惹かれて行く。


優秀な小学校教師である彼、椿林太郎にはある秘密があった。

結婚した2人は、互いに仕事に尽力していくが、自ら単身赴任し、

激務に疲れ、夫婦生活のあり方に疑問を持つ霧子は、林太郎に

子供が欲しい、と相談するが…。


林太郎は、相手の寿命がわかります。

林太郎にとっては、死は必ず訪れるものであり、変えられるものではない、

と言います。だから寿命は変えられない、でも死に方は変えられる、と言うのです。


相手の寿命がわかる故か、林太郎は特に教え子である子供達を大事にします。

子供の心を支えるのは愛された、大事にされた記憶。

これがあればあるほど、生きる力になるというのです。


一方、霧子は林太郎からその話を聞いた時に驚きますが、これまでの

彼の行動を思いだし、納得します。

しかし、霧子のすごいところは、諦めないところ。

寿命は変えられないと言うけれど、そんな事はない。

強く願えば変えられるんじゃないか、と考えます。

そして衝撃のラストに向かっていくのです。


生と死、障がいのある児童へのケア、人と人とのつながり、運命というもの…。

いろんなものが交錯していて、一言では言い表せないなあ、というのが

正直な感想です。


ラストは『あっ』となる結末で、なるほどタイトルはそういうことなのか

と納得しました。

人の寿命が見える林太郎は、孤独で虚しい気持ちで生きてきたのかなと

おもいます。ちょっぴり気が強くて、目の前の事に一生懸命になる霧子は

彼にとって大事な支えとなっているようです。

運命は変えられない?それとも変えられる?

この本読んだ後、あなたはどう思うでしょうか。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000