大学教授、作家の本の読み方は実に多角的かつ深い

『世につまらない本はない』の

イラストブックレビューです。

養老猛司、池田清彦、吉岡忍が雑誌アエラで本について対談した内容を

まとめたもの。

学者、作家、それぞれの視点から本について語っています。


『読み聞かせと子どもの脳』『読書脳の仕組み』『唯我独尊としての読書』

『バカの壁を越える読書』など、章題だけでもどれもこれも興味をそそられます。

第1部では養老氏が脳の働きという観点から、本や読書について話しています。

養老氏の視点は非常に独特です。

ご本人も考え方が西洋的、とおっしゃっていますが、世の中というものを

実に客観的に見ています。世の中と自分が繋がってないんじゃないか?

というくらい冷静な目で物事を見つめ、分析してます。

そのため、読書方法もすごくて、本を読む時には、作者の見方で見えて

いないところを見つける、というもの。

これは精神科医時代に培ったようで、患者さんの見え方で欠落している

部分は何か、と考えていたために、そのような読書方法になったようです。

自分には見えない、他の人が見ているもの。それを知るためのコミュニケーションツールが

読書というわけです。それ故、養老氏は様々なジャンルの本を読み、その著者の、

登場人物の見方、見えてない部分を知ることによって、他との違いを知るため

世につまらない本はない、と言っています。なるほどですね。

第2部以降では養老氏、池田氏、吉岡氏三方による鼎談になります。

これもまた、学者に作家、そして生きてきた時代背景なども異なる3人なので

話の内容もあちこち飛んだりもしますが、特定のジャンルに詳しかったり、

ああ、この人がこのジャンルを勧めるとこういうのが出てくるのか!と

新鮮な驚きを感じたりもします。

何しろ、学者の知識の広さ、深さといったら…

おみそれしました、と言わざるを得ないかんじです。

学問というのは、つきつめていくうちに哲学も社会学も生物学も何でもかんでも

繋がってきてしまうのではないの?という感覚に…。

先生方はそれなりに整理して頭にインプットされているようで、さすがです。

読んでる方も、今まで全く興味がなかった科学や歴史、文学の本など

内容のあらすじだけでなく、『そういう風に読むんですね!』っていう

自分では思いつかなかったアプローチ方法もあったりして、刺激的です。

紹介されている本は新刊というわけではありませんが、世界情勢に政治、

文化、社会、自然など様々な世界があることを情報として与えてくれ、

かつそこから何を得るのか?そして何が足りていないのか?ということを

読者に提示してくれるような本たちだと思います。

欲しい本が増えて困りますが、これも脳のためだと思って(笑)

今後も読書にいそしみたいと思います。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000