音が発する色と感度の世界に引き込まれる

『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』 

江國香織 (著) ¥821

朝日文庫

 

小さな動物や虫と話ができる幼稚園児の拓人の

目に映る、カラフルでみずみずしい世界。

ためらいなく恋人との時間を優先させる父と、

思い煩いながら待ちつづける母のもと、

しっかり者の姉に守られながら、拓人は

大人たちの穏やかでない日常を冒険する。

<こんな人におすすめ>

子どもの目に映る美しい世界を見てみたい

子どもの感性と大人の現実の対比を読んでみたい

江國香織のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000