ワインがグッと身近になる!もっと楽しめる!

『図解 ワイン一年生』の

イラストブックレビューです。

ぶどう品種を擬人化して、複雑なワインの世界をわかりやすく紹介。

ワインは、経験によって味覚が変わるそうです。

様々な種類を飲むにつれ、単純な味から、より深い味わいを楽しめるのですって。

知らなかった!

自分の好みとしては、さっぱり辛口の白が好きで、長らく赤は苦手。

赤って、スパイシーだったり、ベリー系の香りがしたり、渋みに酸味と

確かに複雑な味わいのものが多いですものね。

ただ、たま〜に赤を飲みたくなるときもあり、普段から様々なワインを

飲みつけている時期であれば、より複雑な味をそれと知らず求めているようです。

ブルゴーニュとか。

ということは、歳を重ねて経験値が増えていくと、もっと多くのワインを

美味しく感じることができるのですね。これは楽しみです。

本書は、ぶどうの品種にキャラづけをしてわかりやすく解説しています。

同じぶどうの品種でも、育った環境が変われば味わいもかわる。

単体で、限られた場所だけで育つ品種もある。

他の品種と混ざってこそ、そのまとめる威力を発揮する品種がある。

ほんとうにぶどうの個性はさまざまです。

味の解説の横に、そのキャラたちが動き回るマンガがあるのですが

これがおもしろい。その特徴を表すのにこんなやり方があるのか、と

思わす感心してしまいました。

読めばワインがよくわかる。

知ればワインが好きになる。

好きになればもっとワインを楽しめる。

初心者さんでも、晩酌はワインだが品種問わずな方でも楽しめる、

そんなワインのコミック解説書です。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000