とめどなく溢れ出る愛しい物語たち

『ぶらんこ乗り』 

いしい しんじ (著) ¥562

新潮社

 

ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。

声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。

もういない、わたしの弟。――天使みたいだった

少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた

小さな手。残された古いノートには、痛いほどの

真実が記されていた。ある雪の日、わたしの耳に、

懐かしい音が響いて……。

<こんな人におすすめ>

子どもの頃に読んだような、童話のような話を読みたい

感性豊かな子どもの話が好き

いしい しんじのファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000