人の生き様を包み込む、旨い酒と飯

『居酒屋ぼったくり』の

イラストブックレビューです。

東京、下町にひっそりとある居酒屋ぼったくり。

名に似合わずお得なその店には旨い酒と料理、そして

下町の義理人情がある。

親が経営していた居酒屋を継いだ美音。

その時々に旨い料理を、旨い酒とともに出す。

初春の肌寒い夜にはあつあつのおでん。

これに合わせるのは、すっきりとした味わいの鳥取の純米酒、諏訪泉。

じっくりと燗をして香りを目一杯開かせる…。

お燗は得意ではないのですが、ここまで手をかけて

料理に合うように出してもらったら、たまりません。

飲みたい!食べたい!今すぐに!!

また、特別感のあるメニューではないところがいいんです。

おでんやナスの田楽、豆腐の揚げっぱなしなど、家庭でも

出てくるような食べ物なんだけど、そこにこの店主ならではの

ちょっとした工夫や気遣いが施されていて、それが食べる人や

飲む人を嬉しい気持ちにさせてくれるのです。

目の前にいる人が、自分のために作ってくれる料理って

特別で、気持ちも満たしてくれますよね。

お客さんたちも、そうしたメニューをまずは自分の舌で味わい、

次に自分の家族がかつて作ってくれた味を思い出したりしながら、

二重に幸せな気分を味わえるのです。

お店のお客さんたちが揉める事なく、いつ和やかに飲んだり食べたり

しているのは、店主の人柄ももちろんですが、この相手を想う料理が

あるからなのではないかな、と思います。

店主の女ながらに、まっすぐでちょっとウィットの効いた客の

あしらいも好感がもてます。

下町の人情あるやりとりと、旨い酒と料理。

クセになりそうな味わいです。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000