藁にもすがる思いで掴んだ 玉が導く運命とは

『たまうら』 

星乃 あかり (著) ¥626

小学館文庫

 

「あんた、迷いを晴らしたいんだろ。いくら出せる

かね?」昔も今も、人の悩みはつきぬもの。藁にも

すがりたい人々の間で、ある噂が流れていた。

「玉占~たまうら~」という行燈を掲げて、どこから

ともなく現れる不思議な老婆が、どんな望みもかなえて

くれるというのだ。鍵を握るのは、まるまる太った

金色の瞳の猫と、青い複雑な模様の描かれた白い

大きな壺。「この壺の中の玉をひとつ選ぶのさ。

ほれ、試しに引いてごらん」。玉の導く運命は?

<こんな人におすすめ>

江戸の人々の悩みを解決する話を読みたい

江戸のファンタジックな人情話に興味がある

星乃 あかりのファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000