このレシピ本がどれだけ 使えるのか、ということを説明しよう。

『てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当 』の

イラストブックレビューです。

人気料理ブロガーのてんきち母ちゃんこと井上かなえさんの

お弁当レシピ集。

朝の貴重な時間を無駄にすることなく、栄養バランス良く、彩りも良く、

そしてもちろん味も良いお弁当のレシピです。

これまで数々のレシピ本を購入し、利用してきました。

その中でも、この本はもっとも活用した部類に入ると思います。

実際に作ったのは145レシピ中、18レシピほど。

ひとつの本で10個以上作ったのははじめてかも…?

というのも、我が家は3人の娘がいる5人家族。

娘の年齢も3〜13歳と、年齢の幅も広い。

味の好みがバラバラなんですよね。どのご家庭でも

よくある悩みだとは思いますが。

13歳の娘と夫には毎日お弁当を作ります。

ついでなので自分と末娘の分も一緒に、毎日4人分の弁当を作るのですが

長女は豚肉の油の冷えたのがイヤ。

味は薄めが好き。肉が多すぎるとちょっとイヤ。

夫は肉と野菜が一緒に調理されているのがあまり好きではなく、

できれば肉多めで味も濃い目でガッツリが好み。

末娘は ピーマンなど青い風味の野菜が苦手、お肉の固いのが苦手、

味は濃い目が好き。

もうさあ、全員が気に入る弁当なんて作れる気がしないさ…

でも1人で2人でもいいからやっぱりおいしいって感じてくれたらいいなあと

思い、レシピ本を購入しました。

試しに作ってみたら。

まさかの全員おいしい!!ですって。あらびっくり。

じゃあこれは?これは?と試しているうちに18レシピですよ奥様。

しかも今のところハズレなしなんですのよ奥様。

すごいことじゃございませんこと???

その理由は何だろう、と真剣に分析してみたところ

①年中手に入る食材を使用

②調味料もスタンダードなものを使用し、かつその使用量は多すぎない

③冷めてもおいしい工夫がなされている

ほかにも時短のための工夫もいろいろ紹介。

調理や調味料、食材など、極限まで省いているところが

すばらしいです。お弁当レシピは濃い味付けが多いので

クックパッドなどで検索したものを入れると長女には

濃すぎてちょっと…と言われることも。

でも、この味付けは調味料の使用量が多すぎないのに、

濃い味好みの人も薄い味好みの人も両方おいしいと言う。

すごいですね。

今は18レシピを作ってみましたが、これからもいろいろと作ります。

著者が中学生女子が喜ぶ、というコンセプトで作った点も、

我が家の味の傾向に合っていたのかも。

とはいえ、味覚が中学生男子な夫にも好評だったのですが。

毎日のお弁当って、大変なことです。

今さらながら、高校の頃毎日お弁当を作ってくれていた

実母に感謝の思いを改めて感じました。

最小限の手間とコストで、家族が喜ぶお弁当が出来上がる。

それは作る者にとってもうれしく、そしてまた明日のお弁当作りへの

活力となるのです。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000