コミュニケーションは技術であり、武器である

『まんがでわかる 伝え方が9割』の

イラストブックレビューです。

まんがでわかるシリーズは世の中に数多く出ていますね。

ビジネスに関するもので、手早くエッセンスを理解したい

場合には、まんがは良いツールだと思っています。

こちらはシリーズ90万部突破のベストセラー「伝え方が9割」の

まんが版。

念願の女性ファッション誌『BB(ビービー)』編集部へと異動した舞。

だがわがままな女優に振り回されたり、モデルの説得に苦労し

たり、デザイナーに手直しを却下されたりと思い通りにはいかない

日々。


そんな中、ある日謎のオネエと遭遇。そのオネエ、マリアは、舞に

「伝え方ひとつでノーをイエスに変えることができる」とアドバイス。

最初は半信半疑のまま、マリアの言う通りに「伝え方」を変えていく

舞だったが、実践するうちにどんどん結果が出始めて……。

伝え方がなっていない若い女性編集者に対して、実績ある(?)

オネエがその伝え方のコツをわかりやすく伝授していきます。

この2人、キャラが立っていて、会話の応酬がテンポ良く、

気持ちよく読み進めていくことができます。

女性編集者、舞は頭で思ったことをそのまま伝えてしまって

います。結果、仕事がうまくいかないのですが、これは

誰でも心当たりがあることなのではないでしょうか?

会社にいた頃は、毎年新人がこんなかんじで何か

やらかしていましたねぇ。もちろん自分もですが。

モデルへの伝え方、デザイナーへの指示の出し方。

編集部という現場での設定でしたが、他の職業でも充分に

応用が利きます。客先に対しての対応、業者への発注などなど。

読み進めていくうちに、ああ、これは確かに先輩から

学んだことが多かったなあと思います。

というか、教えてもらえないことも多く、勝手に盗んでいたかな。

編集者、舞ちゃんは猪突猛進。失敗も数多く起こりますが、それは

立ち向かう勇気があるからこそ。失敗は何かを得るためにある。

そう思わせてくれる女性です。

互いに納得のいく結果を導くには、やはり相手のことを

理解すること。自分のことを理解すること。

互いが良い結果を得るようにすること。

そこを大事にしていけば、良い結果を生み出す伝え方が

できるのかなと思います。

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000