食べることで、人と人はつながっている


『どこかでだれかも食べている』

オノ・ナツメ (著)

¥1026 文藝春秋

(Amazonより)

ひとりで食べても、だれかと食べてもーー。

「食べる」ことから、やさしいドラマが生まれる。

実家のロールキャベツの味、初めてはんぺん入り

おでんを作った日、願いと共に齧り付いた恵方巻、

結婚を決めたチャーハンの店、小さいころから

数えきれないほど食べたカレー……。

どこかでだれかも食べている、あの食べ物から生まれた

やさしいものがたり。ほわっと胸があたたかくなるオノ・

ナツメ初のフード・コミックです。

<こんな人におすすめ>

食べ物と人のつながりを描いた話を読みたい

ほっこりして癒されるマンガが好き

オノ・ナツメのファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000