さみしさを受け入れるが理解しないということ


『違国日記 3 』

ヤマシタトモコ (著)

¥713 祥伝社

(Amazonより)

両親の事故死により、田汲朝(たくみ・あさ、15)が

小説家の叔母・高代槙生(こうだい・まきお、35)の家に

住んでしばらく。親友・えみりを家に招いた朝だったが、

槙生の人見知りが発動。「超超超超ひとりになりたい」と

槙生は執筆に没頭した……。こちらを拒むかのような

槙生の背中に、しょげる朝。そこへ通常モードに戻った

槙生は―――?

不器用人間と子犬のような姪がおくる

年の差同居譚、手を繋ぎ合う第3巻!

<こんな人におすすめ>

泣ける話が読みたい

理解しあえない者同士が同居する話に興味がある

ヤマシタトモコのファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000