顔の見えない相手との闘いの果てには

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』    

志駕 晃 (著)  

¥702 宝島社

(「BOOK」データベースより)

神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一は

あるPCから、死体で見つかった女の情報を探っていた。

そのPCは、「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のもの

だった。秘密を探るうち、犯人は桐野にある取引を

持ちかけ―。その頃、巨額の仮想通貨流出事件が発生。

セキュリティ会社で働く美乃里のもとに、ハッカー

らしき男からコンタクトがあり…。情報化社会の恐怖を

描くサイバー・サスペンス!

<こんな人におすすめ>

1作目の『スマホを落としただけなのに』を読んだ

ハッカーが個人や会社にもたらす恐怖を描いた話に興味がある

志駕 晃のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000