震災後の「もうひとつの日本」の姿を描く物語

『献灯使』    

多和田 葉子 (著)

¥702 講談社文庫

(「BOOK」データベースより)

大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットも

なくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが

子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の

無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から

旅立つ運命に。大きな反響を呼んだ表題作など、震災後文学の

頂点とも言える全5編を収録。

<こんな人におすすめ>

震災後の日本を描いた話に興味がある

日本が辿るもうひとつの未来の姿を見てみたい

多和田 葉子のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000