めちゃ面倒臭くて頼りになるOB刑事たち

『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』    

加藤 実秋 (著)

¥734 角川文庫

(「BOOK」データベースより)

牧野ひよりは憧れの刑事になったが、毎日雑用ばかり。

そんなある日、奇妙な焼死事件が発生、話を聞いて

来いと上司からメモを渡される。そこはなんと、

退職した元刑事たちが暮らすシェアハウスだった!

敏腕、科学捜査のプロ、現場主義に頭脳派。刑事魂が

再燃したおじさん4人は、老眼、腰痛をものともせず

事件に首を突っ込んでゆく。失踪したひよりの父の謎、

おじさんたちの過去も徐々に明らかになり…異色の

連作ミステリ!

<こんな人におすすめ>

退職した刑事たちが活躍する話を読んだみたい

退職した刑事たちのシェアハウスでの暮らしぶりに興味がある

加藤 実秋のファン

ぬこのBOOK ROOM

人と本がつながるお手伝い。ブックレビューやおすすめの本をお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000